メインイメージ画像

名門私立合格のための幼児教室の選び方のポイント

自分の子どもが3〜5歳ほどになると、親は幼児教室へ通わせることを考え始めます。名門私立など良い学校に入ることを目標とするならば、幼児教室へ行かせることは必須です。名門であればあるほど、何の対策もせずに入学できることは皆無だと言って良いでしょう。名門私立への合格は、幼児教室選びから始まっているといっても過言ではないのです。

幼児教室の選び方のポイントは5つあります。まず1つ目は、入会前に必ず体験授業を受けるということです。

我が子のその教室での様子はもちろんのことですが、他の子どもの様子をよく見てみましょう。既にその教室で学んでいる子どもたちを観察することで、教室の教育水準が見えてくるはずです。

次のポイントは、クチコミを読んでみることです。塾や幼児教室専門のクチコミ検索サイトというものが存在します。もちろんクチコミには良いものと悪いものがあります。それを冷静に判断しましょう。

クチコミで言われていることが本当なのかという、幼児教室を見る視点を与えてくれるのがクチコミなのです。クチコミで判断できるか自信がないという場合は、実際に通っていた人の感想を聞くと良いでしょう。

3つめは教室をたくさん持っている大手の場合のポイントです。それぞれの教室では合格実績というものを発表していることと思います。しかし大手の教室の場合、子どもが実際に通うことになるところだけではなく、その教室の傘下にあるすべての教室の実績を合算している場合があります。実際に通う教室の実績を確認しておきましょう。

4つ目として授業料が明快に示されているかを挙げます。実際に受ける授業の対価としてふさわしいだけの金額なのか、教材費等その内訳が提示されているかをチェックしましょう。何ヶ月分も授業料を前納させるような場合は、少し疑ってみた方が良いかもしれません。5つ目は教師について。子どもさんが先生を慕っているかどうかよく見てみましょう。休み時間の度にまとわりつかれるような先生がいるなら心配ないと言えるでしょう。

更新情報